片頭痛の前兆

投稿日:2012.07.06

片頭痛は、痛みの起こる直前に「前兆」を伴うタイプと、伴わないタイプに分類できます。

最も多い前兆は「閃輝暗点」とよばれる症状で、
目の前で光がチカチカする
視野の一部に歯車のようなギザギザしたものが現れる
視界が欠ける
などがあります。

一般に5~60分程度続き、それが終わって60分以内に激しい痛みに襲われます。

それ以外の前兆としては、手足がしびれる、しゃべりにくくなる、といった症状などもみられます。 もっとも、前兆を伴わない片頭痛のほうが多く、同じ人でも前兆がいつも現れるわけではありません。