名古屋の内科なら大清水クリニックへ。神経内科も併設しております。 > NEWS > 片頭痛の起こるメカニズム 三叉神経血管説

片頭痛の起こるメカニズム 三叉神経血管説

投稿日:2012.07.04

脳神経の中で最も大きい三叉神経(顔面周辺の感覚をつかさどる)が関与しているという説です。何らかの刺激によって三叉神経が刺激されることにより、三叉神経の末端から血管を拡張させる作用をもつ様々な神経伝達物質が分泌されます。 それらの働きで拡張した血管や、それによって発生した炎症が神経を刺激して痛みが起こるというものです。