片頭痛はどうして起こるのですか?

投稿日:2012.06.18

片頭痛はどうして起こるのですか?

ちょっと難しいお話ですが、片頭痛は頭部の動脈が拡がり、血管壁の神経を刺激するために痛みが起こります。 発作の前には、血管を収縮させるセロトニンという物質が大量に血液中に増え、発作時には反対に減るため激しい頭痛が始まるのです。 片頭痛が起きているときに吐き気がしたりまぶしく感じるのは、こうした神経の刺激が原因と言われています。