トリプタン製剤の特徴

投稿日:2012.07.11

トリプタン系薬剤の特徴は、これまで使用されてきたエルゴタミン製剤とは異なり、頭痛発作のピーク時に服用しても改善効果を発揮する点にあります。 ただし、頭痛がピークに達するまで服用を待つ必要はありません。頭痛が起きたら、なるべく早く服用する方がよく効きます。 また、吐き気・嘔吐・光や音に対する過敏などの随伴症状についても軽減する効果があります。

そのような背景から、トリプタン系薬剤は

  • 鎮痛薬やエルゴタミン製剤では充分な効果が得られなかった方
  • 頭痛発作時には仕事や家事が手につかないといったように日常生活に支障をきたしていた方の治療に大きな効果を発揮しています。

以上のように頭痛のタイプごとに適した薬剤が開発されていますので、医療機関で医師にご相談の上、適切な薬剤を処方してもらうようにしてください。