【ロキソニンやバファリンの市販薬が効かない頭痛】原因や対処法

頭痛に悩まれている方のほとんどの方が、まず今ある痛みを取り除くために使用されるのが、市販されている鎮痛剤のお薬ではないでしょうか。夜間や仕事中の急な発熱や頭痛に備えて、比較的入手しやすい市販薬を常備されているご家庭も多いのではと思われます。

当院でも、初めて頭痛外来に相談に来られる患者さまは、普段痛みが起こったときには市販薬を服用されている方が多いようです。

もし、市販薬の効きが悪くなったように感じることがあり、効かないからといって用法容量を守らず、頻繁にもしくは長期的に服用している方がいらっしゃるのなら、注意が必要です。
 

薬を飲み過ぎて起こる頭痛があることをご存知ですか?

頭痛専門医として、ロキソニンやバファリンなどの市販の鎮痛剤は、原因療法ではなく対症療法であることをまず理解していただきたいと思います。今ある痛みはとることができても、痛みの原因を取り除くことはできません。薬を飲むと痛みが治まるからといって、用法容量を守らず服用していると『薬物乱用頭痛』という、新たな頭痛になってしまう事もあるのです。

慢性的な頭痛に悩まされている方は、今一度市販薬の使い方を考えなおしてみてはいかがでしょうか?

薬物乱用頭痛とは

薬物乱用頭痛とは、頭痛発作が起こった時になるべく早く頭痛を鎮めるための薬、急性期治療薬を頻回服用することにより起こり、二次性頭痛に分類されます。

診断基準は、以下の二つです。

A.以前から頭痛疾患をもつ患者において、頭痛は1ヵ月に15日以上存在する
B.1種類以上の急性期または対症的頭痛治療薬を3ヵ月を超えて定期的に乱用している

市販薬を服用し過ぎる患者さまは、中度~重度の片頭痛に悩まされた結果、仕事や学校、家事等の社会生活を行うため、早めに薬物を服薬する癖がついたり、服薬量が増えてしまったりという傾向があります。中度~重度の片頭痛は、寝込んでしまうような痛みを感じる方がいらっしゃるため、薬に頼り切ってしまう方も多いようです。

当院の頭痛外来では、生活習慣を整え、頭痛発作が起こっても軽く済むようにするための予防療法として塩酸ロメリジンやバルプロ酸などのお薬を使い、急性期治療薬の服用回数が月10日以上にならないよう服薬コントロールしています。しっかりとした服薬管理が、薬物乱用頭痛にならないためには、非常に重要です。

頭痛を市販薬で何とかやり過ごしているような方は、頭痛ダイアリーをつけて、原因治療をするべく神経内科や頭痛外来で相談してみましょう。
 

その他の薬の効かない頭痛

市販の鎮痛剤を乱用しているわけでもないのに、薬が効かない場合、片頭痛や緊張性頭痛以外に原因がある可能性もあります。
例を挙げると以下のような原因です。

●頭頸部外傷・傷害による頭痛(例:外傷後頭蓋内血腫による頭痛)
●頭頸部血管障害による頭痛(例:くも膜下出血)
●非血管性頭蓋内疾患による頭痛(例:脳腫瘍)
●感染症による頭痛(例:髄膜炎)
●ホメオスターシス障害による頭痛(例:高血圧)
●頭蓋骨、頸、眼、耳、鼻、副鼻腔、歯、口あるいはその他の顔面・頸部の構成組織の障害による頭痛あるいは顔面痛(例:顎関節症)
●精神疾患による頭痛(例:心身症)

あるときから、薬を飲んでも収まらないような頭痛に悩まされていて神経内科を受診したら、原因は片頭痛でなく副鼻腔炎だった患者さまや、逆に歯や鼻の奥に痛みを感じて歯科医院や耳鼻科に受診しても一向に痛みが改善せず、実は原因は頭痛であった患者さまもいらっしゃいます。

また、くも膜下出血や脳腫瘍等が原因であれば1秒でも早く治療する必要があります。激しい痛みがある場合は、救急車を呼ぶなどしてすぐに医療機関に行かれるようにしてください。

一言に頭痛といっても、原因や痛み方、頭痛と伴って起こる症状も様々です。
頭痛を扱う神経内科が専門とする神経系は、脳と脊髄からなる中枢神経と全身に分布する末梢神経から成り立っているため、症状がどこの病気から起こっているか見極める事に長けている科といえるでしょう。頭痛を感じたら、まずは全身を診ることができる神経内科にご相談ください。

まずは、何が原因で痛みや症状が起こっているかを見極め、神経内科の専門範囲外であれば、適切な診療科を紹介していただくことが早期治療のカギとなります。

大清水クリニックではそのような患者さまの症状を和らげ、快適な毎日をお過ごしいただけるよう診療に努力いたします。
また大清水クリニックでは、頭痛はもちろんのこと、めまい・しびれに悩む女性に寄り添った治療もご提案しています。
つらい頭痛・めまい・しびれ等にお困りの方は名古屋市緑区の大清水クリニックへお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【頭痛外来医師執筆】群発頭痛の症状や治療法・予防薬について

  2. 【慢性的な頭痛】考えられる原因と対処法

  3. 【頭痛外来医解説】吐き気を伴う頭痛は偏頭痛?原因と緩和する対…

  4. 【専門医が教える】更年期の頭痛、吐き気、肩こりと薬について

  5. 頭痛外来医師が紹介する子供の頭痛の治療法

  6. 偏頭痛と緊張型頭痛の症状と治し方の違いについて

PAGE TOP