医師の紹介

大清水クリニック 院長 柴田真一

経歴

昭和56年 大阪医科大学卒業
昭和56年 名古屋市立大学第二内科研修医
昭和58年 豊川市立病院神経内科医員
昭和64年 名古屋市立守山市民病院内科副部長
平成08年 厚生連菰野厚生病院内科診療部長
平成12年 大清水クリニック院長

資格

医学博士
神経内科専門医・指導医
内科認定医
認知症サポート医(厚生労働省)

院長挨拶

長年勤務しておりました名古屋市立大学およびその関連病院の神経内科勤務を辞し、平成12年に名古屋市緑区で大清水クリニックを開業いたしました。今までの経験を生かし、神経内科領域を専門とした診療を行うとともに、 内科・小児科の一般診療を通し、かかりつけ医として近隣の病院と密接な関係を保ちながら、地域医療に貢献できるよう努力しています。

かかりつけ医を通すことにより、専門の診察高度なはやく確実に受けることができることができます。
多くの病院で、クリニックから直接予約が優先的に受け付けてもらえます。

連携病院

藤田保健衛生大学/名古屋大学病院/名古屋市立大学病院/第二日赤病院/名古屋記念病院/大同病院