しびれの特徴と危険なしびれチェック

しびれは、病院を受診するきっかけになる主な症状の一つです。多くの患者様が当院をしびれの主訴で受診されます。

しびれの種類

日常生活の中では、しびれという言葉は、いろいろな意味で使われています。たとえば、「触っても感覚がにぶい」「冷たさや熱さが感じにくい」「痛みを感じにくい」などの感覚鈍麻 (感覚の低下) を意味することもあれば、「何もしなくてもジンジンする、ビリビリする」「針でさされたような感じ」、「灼けつく様な感じ」などの異常感覚を意味することもあります。
また、「手足に力が入りにくい」「動きが悪い」などの運動麻痺 (脱力) をしびれとして表現することもあります。

しびれの原因と治療法

このようにしびれの内容は実に多彩であり、また、しびれを引き起こす原因も脳の病気脊髄の病気手足の末梢神経の病気などいろいろな病気が挙げられます。しびれの原因により治療法も異なるため、しびれに対する正しい診断が必要となります。

当院では丁寧な問診と神経学的診察から原因を推定し、必要な検査をおこないながら、診断治療を進めていきます。

危険なしびれチェック

しびれには、1秒でも早く治療する必要があるケースもあります。下のチェックに一つでも当てはまる方は、救急車を呼びましょう。

最近の記事

  1. 【原因と症状】子供も大人も危険な「二次性頭痛」の原因と症状例…

  2. 【専門医が教える】更年期の頭痛、吐き気、肩こりと薬について…

  3. 【ロキソニンやバファリンの市販薬が効かない頭痛】原因や対処法…

PAGE TOP