インフルエンザの特徴と治療法

インフルエンザウイルスを病原とする、のどや気管支、肺で感染・増殖することによって発症する病気。一般的に言われる風邪と同じような症状がみられますが、感染力がとても強く症状が重く治りにくいのが特徴です。季節性のインフルエンザの流行は11~12月頃から始まり、1~3月にピークを迎えます

 

インフルエンザの症状と治療法

インフルエンザの症状は、高熱頭痛関節痛を主体とし、咳や鼻汁、下痢、嘔吐を伴うこともあります。経過が悪化すると小児では脳炎、高齢者では肺炎となることもよくあり、気をつけたい病気です。インフルエンザと風邪の諸症状は、非常に似ています。何か症状が出たときは、早めに医療機関を受診しましょう。そうすることで、重篤化や周囲への感染を防ぐことができます。ウイルスの増殖を抑え、症状を軽減する抗インフルエンザ薬を発症してから、48時間以内に服用すると高い効果を発揮します。インフルエンザの症状が見られた場合は、なるべくはやめに受診することをおすすめいたします。

インフルエンザワクチン

大清水クリニックでは、インフルエンザワクチン接種を行っております。

予約は特に必要ありませんが、ワクチンの在庫状況を、当ホームページのお知らせよりご確認のうえ、直接お越しください。

最近の記事

  1. 【原因と症状】子供も大人も危険な「二次性頭痛」の原因と症状例…

  2. 【専門医が教える】更年期の頭痛、吐き気、肩こりと薬について…

  3. 【ロキソニンやバファリンの市販薬が効かない頭痛】原因や対処法…

PAGE TOP