【専門医解説】脱水による頭痛のメカニズムと改善

気温が高くなるこれからの時期に気を付けたいのが脱水症です。
脱水症と言えば冷や汗やめまい、喉の渇きなどの症状のほかにも、頭痛や吐き気などの症状があります。
特に頭痛の症状は、脱水症の症状と気づきにくいため注意が必要です。
今回は、脱水による頭痛の原因や脱水症の症状を紹介。併せて改善方法と日頃からできる予防法を専門医が解説します。

夏や冬場は要注意!脱水症とは?

脱水症とは、何らかの原因で体液(血液・組織液・リンパ液など)が減少した状態を指します。
私たちの体は、物を食べたり飲んだりして水分を摂取すると同時に、汗をかいたり排せつしたりすることで過剰な水分を外に出して、体の中の水分量(体液量)を一定に保っています。

しかし、水分を摂る量が少なくなったり、体調不良により下痢や発熱を起こしてしまったりすると、体の水分量のバランスが崩れ脱水症を起こします。

脱水症は、気温が上がり汗の量が増える夏だけでなく、肌が乾燥しやすい冬にも起こりやすいため注意しましょう。

 

脱水による頭痛の原因は?

脱水による頭痛の原因は、体内の血液が濃縮されることで脳に届く血流量が少なくなるためです。

血液が濃縮されると、ドロドロとした血液で血栓ができやすくなるため、脳梗塞や心筋梗塞温リスクも高まります。そのため、普段から意識して水分を摂ることが大切です。

脱水症の症状|頭痛以外の症状にも注意!

脱水症の症状は、頭痛以外にも以下のような症状があります。

のどの渇き、口の中がねばつく
冷や汗、吐き気、めまい
食欲不振
皮膚の紅潮
イライラする
体温上昇
疲労感
尿量の減少と濃縮
けいれん

など

チェックが多くなるほど熱中症の重症度が高くなります。特に乳幼児や高齢者では、水分不足に気づきにくいため注意が必要です。

このような症状がいくつか当てはまる方は、すぐに医療機関で診察を受けることをおすすめします(上記はあくまでもチェックリストであり、診断を確定するものではありません)。

脱水症の改善法|脱水症が起こったときは?

冷や汗やめまい、頭痛などのように脱水症の症状が疑われるときは、症状を悪化させないことと、脱水により起こる症状を和らげることが大切です。

まずは、水分補給をしましょう。
水ではなく電解質を含む、市販の経口補水液であれば、発汗や排せつで失われたナトリウムやカリウムを補うことができます。

そして、室温や衣類を調整して体にこもった熱を取り除き体温を下げましょう。
めまいやふらつきなどの症状がある場合は、その場で横になり安静に過ごします。
症状が治まらない場合や重症の場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

脱水症の予防法|日頃からの対策が大切

1日の水分摂取量の目安は1~1.5リットルが目安。
脱水症を予防するには、コップ1杯程度をこまめに摂るように心がけましょう。
一度にたくさんの水分を摂取すると、尿として排出してしまうため、起床時、食事の間、間食事、入浴前後、就寝前など、排泄後などタイミングを決めておくのもおすすめです。

またアルコールやコーヒーなど利尿作用がある飲み物は、脱水対策には向いていません。電解質を含む経口補水液や水、白湯などを飲むことを意識しましょう。

まとめ

脱水による頭痛は、体の水分バランスが崩れることで起こります。
脱水症になると体に様々な症状が起こるだけでなく、脳梗塞や心筋梗塞のリスクも高くなります。
普段からこまめな水分補給を意識して、脱水症を予防しましょう。

大清水クリニックでは、患者様の症状を和らげ、快適な毎日をお過ごしいただけるよう診療に努力いたします。
また大清水クリニックでは、子供の頭痛はもちろんのこと、めまい・しびれに悩む女性に寄り添った治療もご提案しています。
つらい頭痛・めまい・しびれ等にお困りの方は名古屋市緑区の大清水クリニックへお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【子供の頭痛】思春期に起こる頭痛について

  2. 【つらい片頭痛】職場の理解がえられないとき、取るべき対策は?…

  3. 【専門医が教える】つらい頭痛。痛み緩和につながる飲み物・食べ…

  4. 【群発頭痛は治るの?】頭痛の特徴と発作が起こったときの応急処…

  5. 【慢性的な頭痛】考えられる原因と対処法

  6. 【偏頭痛専門医監修】頭痛はずる休み?職場で誤解されずに理解を…

PAGE TOP