専門医監修「おでこが痛い」頭痛は子供も大人も辛い偏頭痛?

子供、幼児が「おでこが痛い」と訴えていたのに、しばらくすると、元気になっていることはありませんか?

頭が痛いと学校を早退してきたものの、帰るとすっかり元気になっていて、「あれ?学校が嫌いなのかな?」と思っても、聞くと「学校は楽しい」と返事が。
もしかして、気を引きたいだけ?と、仮病かと思い、つい怒ってしまう親御様も少なくないのではと思います。

一昔前「子供には頭痛は無い」と言われていた時代もありましたが、今はそうではありません。
子供にも頭痛はあり、症状も大人同様辛いものもあります。

特に「おでこが痛い」と訴える子供の場合は偏頭痛持ちの可能性があります。

偏頭痛は大人でも家事がままならなかったり、会社へ行けなかったりすることもあるほど辛い頭痛です。

偏頭痛についてのコチラの記事もあわせてチェック!

おでこが痛いときは、どのような痛み?

頭痛には、大きく分けて偏頭痛と緊張型頭痛の2種類があります。

その中でもおでこが痛む症状は、多くの場合、偏頭痛だと考えられます。
偏頭痛の特徴として、目の奥やこめかみが「ズキンズキン、ズキズキ、動くと痛い」などと表現されることが多いことも特徴です。
(ちなみに、チクチク痛む場合は、頭痛よりも神経痛の方が多く表現される痛み。)

偏頭痛では頭痛のピークには吐き気、嘔吐があり、緊張型頭痛では嘔吐まではありません。

脈打つようにズキズキとおでこやこめかみ部分が痛み、時には吐き気を伴うほどの頭痛症状、
そして数時間程度すると軽快し、いつも通り元気になるのは偏頭痛の特徴です。

それ故、子供が一時的におでこが痛い症状を訴えても、数時間経つといつも通り元気な様子でいるのは、この偏頭痛の症状であることも考えられます。

【偏頭痛豆知識】こんな時も偏頭痛発作の疑いあり

子供が仮病を使っている?と疑ってしまう場合も偏頭痛の可能性があることはお伝えしましたが、以下のような場合でも偏頭痛である、またその発作が起きてしまう可能性がありますので注意が必要です。

【偏頭痛豆知識】
・偏頭痛の発作は肩こりから始まることが多い。個人によるが、前兆症状がある。
・偏頭痛は温度の変化に敏感なため、寒い時は発作が起こりやすい。
・アルコールは血管を広げる作用があるため、偏頭痛の発作を起こしやすい。
・アイスやかき氷を食べると冷えて偏頭痛の発作を起こしやすい。
・冷えピタやアイスノンなどで急激に冷やすと温度の変化により偏頭痛の発作を起こしやすい
・咳をすると一時的に脳圧が上がることにより偏頭痛に繋がることもある。
・ストレス、疲労、眼精疲労は偏頭痛の他、緊張性頭痛にも繋がることもある。
・偏頭痛は緊張が解けると発作が起きやすい性質もあるため、週末、土日に発作が起こりやすい。
・寝過ぎる、昼寝でリラックスする等も、緊張が解け、偏頭痛に繋がることもある。
・飛行機での移動は気圧の変化により偏頭痛の発作を起こしやすい。

他にもまだありますが、それぞれ個人差がありますので、気を付けた方が良いポイントや偏頭痛の前兆等をご自身で把握、対策を取られることも必要です。
大清水クリニックでは、お一人お一人の症状に合わせた治療方法をご提案します。

大清水クリニックでは神経内科専門医が診療を担当し、そのような患者さまの症状を和らげ、快適な毎日をお過ごしいただけるよう診療に努力いたします。
また大清水クリニックでは、子供の頭痛はもちろんのこと、めまい・しびれに悩む女性に寄り添った治療もご提案しています。
つらい頭痛・めまい・しびれ等にお困りの方は名古屋市緑区の大清水クリニックへお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 春は頭痛が悪化する?原因と症状と対策

  2. 【慢性的な頭痛】考えられる原因と対処法

  3. 【専門医監修】慢性頭痛の予防薬はどんな薬?毎日飲んでも大丈夫…

  4. 【頭痛外来医師執筆】群発頭痛の症状や治療法・予防薬について

  5. 【頭痛外来医解説】吐き気を伴う頭痛は偏頭痛?原因と緩和する対…

  6. 【専門医が教える】頭痛、薬を飲みたくない場合の対処法

PAGE TOP