【専門医が教える】空腹が引き起こす頭痛。原因は血糖値かも!

頭痛にお悩みの方で、「お腹が空くと頭痛がひどくなる」と感じる方はいませんか?
あるいは、「朝食を抜いた日に限って頭痛が起きやすい」という方もいるのではないでしょうか。「空腹と頭痛にどんな関係があるの?」と不思議に思うかもしれませんね。

今回は、空腹で頭痛が引き起こされるメカニズムと、その予防策について解説します。空腹時の頭痛でお悩みの方はもちろん、普段頭痛に悩まされている方もぜひ参考にしてください。

 

空腹で頭痛が起こるのはなぜ?

空腹と頭痛の関係を説明する前に、まずは空腹を感じるメカニズムについて簡単にご紹介します。
前の食事から時間が経っているときや、運動・仕事・勉強などでエネルギーを消費した後、体の中では血糖値が下がった状態となり空腹感を覚えます。
血糖値とは血液中に含まれるブドウ糖の濃度のことで、ブドウ糖は脳・神経・筋肉などあらゆる生命活動のエネルギー源となる重要な栄養素です。
運動や仕事のように多くのエネルギーを必要とする動作では、たくさんのブドウ糖を消費します。すると、脳の視床下部にある「摂食中枢」が血糖値の低下を感知し、糖質を摂り込む(=血糖値を上げる)ために「お腹が空いた!」と感じるようになっているのです。このとき、すぐに糖質を摂取できればよいのですが、そうでない場合は体の中で「アドレナリン」と呼ばれるホルモンが分泌され、血糖値が上昇する仕組みになっています。
アドレナリンには血管を収縮させる作用もあり、アドレナリンの分泌が落ち着くと、その反動で今度は血管が拡張します。このとき拡張した血管が、周囲の神経を刺激することで頭痛が引き起こされると考えられているのです。
少々むずかしい話になってしまいましたが、空腹と頭痛の関係をまとめると次のようになります。

1. 血液中のブドウ糖が消費されて少なくなると、脳の摂食中枢がそれを感知して空腹感を引き起こす
2. 空腹の状態が続くと、アドレナリンを分泌して血糖値を上げようとする
3. アドレナリンの作用によって、血管が収縮→拡張する際に、周囲の神経が刺激されて頭痛を引き起こす

つまり、空腹(血糖値の低下)によって分泌されるアドレナリンの作用が原因となり、頭痛が引き起こされるというわけです。

 

血糖値が下がりやすいのはどんなとき?

では、どのようなときに血糖値が下がりやすいのでしょうか?
空腹時の頭痛は血糖値の低下が引き金となるため、頭痛を予防するためには血糖値が下がりやすい状況を知り、それを回避することが大切です。
血糖が下がりやすいタイミングや生活習慣には、次のようなものがあります。

• 食事の時間が不規則
• 食事の量が少なく、栄養バランスに偏りがある
• 過度なダイエット
• 体調不良で十分な食事が摂れない
• アルコールの摂りすぎ
• 空腹時の運動・入浴

とくに食生活の乱れは血糖値に大きく影響し、頭痛だけでなくほかの病気を招く原因にもなります。ひとつでも当てはまる方は、生活習慣の見直しから始めてみてはいかがでしょうか。

 

空腹で頭痛を引き起こさないための予防策

頭痛予防のポイントは「空腹の時間が長くならないようにすること」「血糖値をなるべく一定に保つこと」です。
血糖値は食生活や運動(エネルギーを消費するあらゆる動作)の影響を大きく受けるため、空腹による頭痛を予防するには次のことに注意しておくと良いでしょう。

• 食事を抜いたり、食事と食事の間隔が長くなったりしないように、規則正しい食生活を心がける
• 暴飲暴食や過度なダイエットを控える
• 食事はよく噛んでゆっくり食べる
• 運動や入浴は食後に行う
• 運動は無理のない範囲で行う
• 空腹時に備えて、ブドウ糖や飴などを常備しておく

普段からこのような対策をとることで、血糖値の下がりすぎによる頭痛を予防できると考えます。

 

長引く頭痛は専門医に相談を

頭痛の治療においては、頭痛の原因を知り、原因に応じた適切な治療・ケアを行うことが大切です。
今回のように「空腹(血糖値の低下)」が原因の場合、血糖値が下がりやすいタイミングや生活習慣を知り、先回りして予防することがポイントになってきます。
ほかにも、頭痛の原因には体調・気候・生活環境などさまざまなものがあります。重篤な病気のサインとして頭痛が現れることもあるため、少しでも頭痛が気になる場合は、早めに専門医に相談されると良いでしょう。

大清水クリニックでは、患者様の症状を和らげ、快適な毎日をお過ごしいただけるよう診療に努力いたします。
また大清水クリニックでは、子供の頭痛はもちろんのこと、めまい・しびれに悩む女性に寄り添った治療もご提案しています。
つらい頭痛・めまい・しびれ等にお困りの方は名古屋市緑区の大清水クリニックへお気軽にご相談ください。

 

関連記事

  1. 【専門医が教える】更年期の頭痛、吐き気、肩こりと薬について

  2. 子供の自家中毒とは?専門医が教える繰り返す嘔吐症状の原因や対…

  3. 【原因と症状】子供も大人も危険な「二次性頭痛」の原因と症状例…

  4. 【専門医監修】子供の頭痛をどう治療する?親ができることは?

  5. 【群発頭痛は治るの?】頭痛の特徴と発作が起こったときの応急処…

  6. 【つらい偏頭痛】職場の理解が得られない時 、取るべき対策は?…

PAGE TOP