エナジードリンク(カフェイン)と頭痛の関係性について

家事や仕事で頑張りたいときに頼ってしまうのがエナジードリンク。エナジードリンクにはカフェインが含まれており、適度な摂取は元気を後押ししてくれますが、過度の摂取は頭痛を引き起こす可能性があるため注意が必要です。今回は、頭痛とカフェインの関係性と併せて、頭痛が起きたときの対処法を解説します。

カフェインにはどのような作用があるの?

カフェインは、100種類以上ある植物の葉や幹、種などに含まれる「苦み」が特徴の天然成分です。
眠気覚ましなどの覚醒作用や、尿の排出を促す利尿作用がある成分として知られています。このほかにも、筋肉疲労に効果がある筋肉収縮効果や、基礎代謝を高める働き、胃液の分泌を活発にする効果、血圧上昇効果、鎮痛補助効果などが特徴です。

カフェインと聞くと、コーヒーを連想しますが、紅茶や緑茶、ウーロン茶、コーラ、エナジードリンク・栄養ドリンクなどにも含まれています。特にエナジードリンクや栄養ドリンクには多くのカフェインが含まれているため、摂り過ぎは禁物です。

また、カフェインは頭痛を鎮める作用もあります。摂りすぎは良くありませんが、適度に飲むと頭痛を和らげる効果が期待できるでしょう。

カフェインは頭痛を和らげる作用がある

カフェインには血管を収縮させる働きがあるため、片頭痛などのように血管が拡張したことで痛みを伴っている症状を緩和させる効果が期待できます。またカフェインは、痛みを抑える効果を助ける鎮痛補助効果があるため、市販の鎮痛剤にも含まれていることがあります。

症状がではじめたら、コーヒーや緑茶などのカフェインを含む飲み物を飲んでみるのも対処法の1つです。

カフェインの過度な摂取は離脱時に頭痛を引き起こす

カフェインは適量であればがんを抑えたり、死亡リスクが減少したりするなどの効果があることが分かっています。しかし過剰に摂取すると、めまいや心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠、下痢、吐き気などの中毒症状が現れることがあります。

また長期的毎日カフェインを摂取すると、カフェインの作用が切れた後に頭痛を引き起こすことがあります。慢性的にカフェインを飲んでいると、血管が収縮している状態となるため、収縮した血管が拡張して血流が増加するためです。

 

エナジードリンクやカフェインとの上手な付き合い方は?

手軽で飲みやすいエナジードリンクの中には、1本当たりのカフェイン濃度が100mlあたり300mgを含むものもあります。欧州食品安全機関では、健康な成人の場合1日に400mgと定めており、コーヒーの場合、マグカップ3杯分です。

エナジードリンクの中には、缶や瓶1本当たりにするとコーヒー約2杯分に相当するカフェインを含むものもあります。エナジードリンクの過剰摂取による死亡例も報告されていることから、1日に何本も飲まないように注意しましょう。

 

頭痛が起きたときの対処法

気圧の変化や疲労などで片頭痛が起きている場合は、カフェインを含む飲み物を飲むと痛みが和らぐことがあります。ただし、症状緩和のために飲み過ぎると悪化させてしまうこともあるため注意が必要です。

 

カフェインを含む飲み物を飲んだ後に頭痛の症状がみられる場合には、カフェインを含まないお水などをのみ、カフェインの成分を早く代謝させるようにします。

 

いずれの場合も、症状が辛い場合には早めに医療機関を受診しましょう。

 

まとめ

エナジードリンクやコーヒーなどに含まれるカフェインは、適量であれば体に良い効果をもたらしますが、過剰摂取は中毒症状や頭痛を招くことがあります。エナジードリンクは飲みやすさからつい手にしがちですが、1日1本に留め、常用しないようにしましょう。

大清水クリニックでは、患者様の症状を和らげ、快適な毎日をお過ごしいただけるよう診療に努力いたします。
また大清水クリニックでは、子供の頭痛はもちろんのこと、めまい・しびれに悩む女性に寄り添った治療もご提案しています。
つらい頭痛・めまい・しびれ等にお困りの方は名古屋市緑区の大清水クリニックへお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【頭痛外来医解説】吐き気を伴う頭痛は偏頭痛?原因と緩和する対…

  2. 【LED・光と頭痛】原因や予防方法を医師が解説!

  3. 【自粛ストレス】子どものストレスからくる頭痛と親子でできる解…

  4. longtime_ headache

    長時間・長期間続く頭痛の原因と対処法

  5. 【専門医が教える】寒い時期は寒冷刺激に要注意!冬に起こる頭痛…

  6. 【つらい片頭痛】職場の理解がえられないとき、取るべき対策は?…

PAGE TOP