【専門医解説】背中のしびれ・違和感の原因と考えられる病気

背中に感じる、しびれ・ぞわぞわ・痛み。これらは症状によって考えられる原因や対処法が異なります。多くは神経や筋肉が原因ですが、中には脊椎が原因で痛みやしびれが起こることもあります。
今回は、背中のしびれや違和感があるときに考えられる病気と原因と併せて、改善法や改善しない場合の受診科目を専門医が解説します。

背中のしびれや違和感の原因は?

背中に違和感があるときに考えられる原因は大きく、自律神経の乱れやむずむず脚症候群、ジストニア、そのほかの原因の4つです。

背中のしびれや違和感のほかに以下のような症状があれば注意が必要です。

・腰や背中の慢性的な痛み
・腰や背中の急な痛み(ぎっくり腰)
・筋肉の張り、筋力の低下
・下肢のしびれ
・おしりや太ももの痛み
・尿漏れ
など

このようなお悩みが続くときは医療機関を受診しましょう。この記事ではそれぞれの原因の特徴と、原因に合わせた対処法を解説します。

自律神経の乱れ

背中に違和感やしびれ、痛みを感じるにも関わらずはっきりとした原因がわからない場合は、自律神経の乱れが原因の可能性があります。自律神経の乱れによる背中の違和感や痛みなどは、左右の肩甲骨の両側や内側、背骨周辺に現れやすいのが特徴です。

自律神経が乱れると、筋肉の緊張や神経が緊張した状態が続き感覚の異常を引き起こしやすくなります。すると背中がぞわぞわしたり、痛みを伴ったりすることもあります。背中以外にも頭痛などの症状が起こる場合もあるでしょう。

自律神経が乱れる原因はストレスや疲労などさまざまですが、その他にも背骨や骨格の歪みが原因となって機能低下を引き起こしている可能性があります。

背骨周辺は自律神経のひとつ、交感神経幹と呼ばれる神経の束が通っており全身に指令を送っています。背骨がゆがむと、この交感神経幹が圧迫されて交感神経を刺激されやすくなり痛みや違和感、しびれなどの症状を引き起こします。

自律神経の乱れの対処法

自律神経の乱れは過度なストレスや疲労、寝不足などが原因で起こります。まずは十分な休養を取ることが大切です。

背中に痛みがあるにも関わらず原因がわからないときは、湿布などの薬を使用します。また、鎮痛剤などの薬も症状緩和の効果が期待できます。ただしこれらは一時的な対処法となり根本的な解決にはなりません。

そのため、やはり自律神経が乱れる原因となっているストレスや睡眠不足、過度の疲労などの要因を取り除くことが大切です。

自律神経の乱れにより、情緒不安定になったり体の不調が続いたりする場合は、精神科や心療内科を受診しましょう。

 

むずむず脚症候群

むずむず脚症候群とは「レストレスレッグス症候群」ともいい、座ったり横になったりすると夕方から夜にかけて、脚にむずむず・ぴりぴり・かゆみ・痛みなどの不快感が起こる症状です。人によっては、下半身だけではなく腰や背中などに症状が出る場合もあります。

むずむず脚症候群の原因ははっきりとわからない一次性と、何らかの病気や薬などが原因となって起こる二次性に分けられます。

むずむず脚症候群は男性よりも女性に多く、40歳以上の女性や妊婦に起こりやすく、鉄分不足や糖尿病、パーキンソン病などもむずむず症を引き起こしやすいとされています。

むずむず脚症候群で眠れないときの対処法

夜に足がむずむず・ピリピリしたり、かゆくなったりして眠れないときは、その症状が起きている場所を冷やすのも有効です。患部を急激に冷やすことで不快感が軽減される場合があります。

また足をマッサージして血流を良くすることも効果的です。むずむず脚症候群で睡眠障害を起こしている場合は、睡眠薬を服用する手段もあります。

症状がつらいときは医師に相談しましょう。

 

ジストニア

ジストニアとは、筋肉が以上に緊張することで、自分の意思とは関係なく体が動いてしまう病気です。安静時や運動しているとき、会話をしているときなどふとしたときに、手や足、そして背中などの部位に症状があらわれて、不快感や震えなどの症状が起こります。

ジストニアの原因は、遺伝子の突然変異や病気、薬剤です。大脳基底核や視床、小脳、大脳皮質などの脳の領域の活動が過剰になるために起こると考えられています。

これらの原因により、背中にしびれや違和感を覚える他、背中や首のねじれ、しかめ面、口をすぼませる、舌を突き出すなどの特徴的な症状が現れます。

ジストニアの対処法

ジストニアは自己改善が難しいため、専門医による診察と治療が必要です。パーキンソン病やウィルソン病の方に多いため、気になる症状があるときやジストニアの疑いがあれば脳神経内科を受診しましょう。

薬が原因でジストニアが起きている場合は、原因となっている薬を減薬したり変更したりするのが一般的です。薬の減量や中止は自己判断せず、主治医と相談の上、調整しましょう。

 

脊椎が原因の場合も痛みやしびれがある?

胸椎・腰椎に障害が起きている場合も、背中にしびれや痛み、不快感などの症状が起こることがあります。胸椎や腰椎に原因がある場合のほとんどは、これらの部位の神経が何らかの原因で圧迫されていたり障害されたりしているためです。

胸椎や腰椎の障害として、代表的な病気は、腰痛症、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰椎分離症、側弯症、腰椎すべり症などがあります。

脊椎が原因で起こる症状の対処法

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛、腰椎分離症、側弯症、腰椎すべり症などは湿布や鎮痛薬を使用しても、また症状が現れます。背中のしびれや違和感のほかに、手足のしびれや全身の違和感などの症状が併発しており、症状が長く続く場合は整形外科を受診して詳しい検査を受けましょう。

 

まとめ

背中に感じる、しびれ・ぞわぞわ・痛みなどの症状は、自律神経の乱れやむずむず脚症候群、ジストニア、脊椎に原因がある場合などが考えられます。自律神経の乱れで、背中に不快感が起きているときは十分に休むことが大切です。

考えられる病気によっては、セルフケアでは対処が難しい場合があります。症状が続くときは、早めに医療機関を受診しましょう。

大清水クリニックでは、患者様の症状を和らげ、快適な毎日をお過ごしいただけるよう診療に努力いたします。また大清水クリニックでは、子供の頭痛はもちろんのこと、めまい・しびれに悩む女性に寄り添った治療もご提案しています。
つらい頭痛・めまい・しびれ等にお困りの方は名古屋市緑区の大清水クリニックへお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【専門医監修】足のしびれの種類と原因

  2. かかとの痺れ 原因と考えられる病気とは?

  3. 【医師解説】運動不足で起こる頭痛やしびれ 原因や予防方法を解…

  4. 【専門医監修】顔・口・体のしびれの原因

  5. 【専門医監修】突然のしびれ・めまい・吐き気の原因は?ご家族や…

  6. 【専門医監修】しびれの原因の一つ『ビタミン不足』

PAGE TOP